CROSSときどきROADとうとうCrMo

アクセスカウンタ

zoom RSS たまにはルールの話「車道の左側と路側帯」

<<   作成日時 : 2010/09/07 20:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 10

天気の良い日は会社に自転車通勤をしているこのブログの管理人です。

今日は忘れ物で一旦自宅に戻ってしまったため、時間の猶予が少なくバス通勤にしました。
時間ギリギリで焦って走るのも危ないと思っての判断です。

たまには自分の勉強も兼ねてルールの話を書きたいと思います〜

自転車に乗る上で守らなければいけないルールは『自転車安全利用五則』ですね。

その一
 自転車は<車道が原則!歩道は例外>
 ○自転車道があるところでは、やむを得ない場合を除き、自転車道を通行しなければなりません。

その二
 車道を走る場合<自転車は左側を走行>

その三
 歩道は歩行者優先で<車道寄りを徐行>
  ※13歳未満の子供、70歳以上の方、一定の要件を満たす障害者の方が運転する自転車は歩道を通行することができます。
  ※一般の方が運転する自転車でも、自転車及び歩行者専用の規制標識のある歩道は通行することができます。

その四
  安全ルールを守る。
  <飲酒運転は禁止>
  <二人乗りは禁止>
  <並進は禁止>
  <信号を守る>
  <交差点での一旦停止と安全確認>

その五
  13歳未満の子どもは<ヘルメットを着用>
  ※運転させる時や補助イス等に同乗させる時は、保護者が責任を持ってヘルメットの着用をさせましょう。


このブログの管理人は<その一><その二>に書かれた車道の左側を走るようにしています。

画像


このときに気になるのは白線の外側ですが、実はルールを細かく読むと、こんなことが書かれています。
「自転車は、歩行者の通行に大きな妨げとなる場合や白の二本線の標示(歩行者用路側帯)のある場合を除き、路側帯を通ることができます。その場合は、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行しなければなりません。」

その「路側帯」が白線の左側の部分ですね。

実は路側帯内を通行する自転車(軽車両)には道路の中央から左側の部分を通行するという左側通行の規則は適用されません。
ということで、道路の右側走行でもこの路側帯を走ってくる自転車は違反ではないのです。

路側帯は車道のさらに外側になるので、こちらが車道の左側を走っている限りは問題なくすれ違えます。
ただ、そのすれ違いのときにこちらが路側帯に入ると相手を車道に追い出して違反をさせることになって危険なので注意しています。

でも、個人的にはルール上は問題なくても右側の路側帯の走行はなるべく避けてほしいと思っています。
たとえば歩行者がいたときの避け方が難しいです。
車道にはみ出して避けたらその時点で違反になります。
歩道では”歩行者の通行に大きな妨げとならない”ということが前提なので、安全を確保するためには自転車から降りなければなりません。
路側帯が狭かったり、途中でなくなる場合もあります。

ちなみに歩道と車道の間にある部分は路肩です。
このときの白い線は「車道外側線」になります。

画像


ここは歩道ではないので自転車でここを逆走するのは違反になります。

そういえば、管理人はこういうルールは誰にも教わったことがないですね〜
・・・やっぱり知らない人が多いんだろうな〜

と言うことで、TOEICの勉強に戻ります〜

そろそろ試験モードなので、明日から土曜日までのブログはお休みするかもしれません。(と布石を打っておきます^^;)

お訪ねいただきありがとうございました。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
まさに「自転車安全整備士」のテストに出てきそうな問題ですが、ここまで詳しくはテキストにも載っていません。

ひろじ〜さんにはホントいろいろと教えて頂いています!

素敵過ぎます♪

TOEICの試験、がんばってください!(^^)
はるかぜ
URL
2010/09/07 22:02
こんばんは!
常々思っていることなのですが、このような記事を書かれたり、それを読んで「ふんふん」と考えたり実践したりする「気付いてる人」は問題ないんですよね。
問題は「蚊帳の外」の人。
ルールなんて昔から考えたこと無い人、目にはするけど理解するつもりが無い人、知ってるけど守らない人。。。
昨晩、道路右側の歩道をウォーキングしていたら、後ろから「チーン」と鳴らされて、端に避けると無灯火のなんちゃってMTB。
それがどういう行為なのか分かっていないんでしょうね(−−#
幼い時からの教育、物事の良し悪しが分かるはずの年代には取り締まり。
残念ですがこういう取組みを地道に行って行くしか自転車後進国を立て直す方法は無いと思います。
もちろんインフラ整備が急務ですけどね!
けんぞう
2010/09/07 22:41
はるかぜさん>
コメントありがとうございます。

「自転車安全整備士」のテストにもこのようなルールの問題が出るのですね。
知っているつもりではなく、利用するものとして知らないといけないと思って勉強してます。

TOEIC、単語がなかなか頭に入ってきません〜^^;;
ひろじ〜
2010/09/07 22:56
けんぞうさん>
コメントありがとうございます。

よく高校生の逆走や併走が話題になりますが、「守らない、知らない、教えない」大人にも原因はあると思っています。
私もそのひとりとして反省しています。

子供のときに「車道は危ないので歩道を走りなさい」と教えられて、その理由や正しいルール(何故走っていいのか、何歳まで走っていいのか)を教えられていなければ、そのまま走ってしまいますね。

これまで蓄積してきた習慣なので簡単に解決できる問題ではありませんが、地道にでも注意を促して教えていくしかないのでしょうね。

拙いブログですが、たまにはこのような内容を書いてみたいと思っています。
ひろじ〜
2010/09/07 23:15
この路側帯内なら右側走行でも違反ではないんですね。
初めて知りました。
自転車の右側通行はすべて禁止だと思っていたので、
勉強になります。
しかし歩道がある場合は話は別なんですね。
なんともややこしい。^^;
確かに自転車は免許もないので、こういうルールは誰も
教えてくれないですよね。
マナー向上の為にも教えてもらう機会があるといいんですが・・・

TOEICの勉強がんばってくださいね!
応援ポチッ☆
くろばい
URL
2010/09/08 00:19
くろばいさん>
コメントありがとうございます。

私も常々ルールが複雑だと思っています。

路側帯のことは自動車免許を取得する時に道路交通法を勉強したはずの自分も、実は自転車に乗るようになって調べて初めて知りました^^;;

地道でもまずは自転車に乗っている人が知り、それを伝え(教え)ていくしかないですかね。

TOEIC、昨夜はCDを聴きながら睡眠学習をしようとしましたが、ただの子守唄になりました^^;;

応援ポチありがとうございます。
ひろじ〜
2010/09/08 05:08
へ〜 知ってるようで知りませんでした。
外側線は歩道なんですか〜 あそこの自転車逆走はいつも悩まされていますが、ルール上はOKとは・・・・ 残念ですねぇ〜
KIKU
2010/09/08 08:10
KIKUさん>
コメントありがとうございます。

まだインフラが整備されていない現状では、小さい子などに車道を走らせるのは危ない気がしますし、このような拡大ルールも仕方ないかなと考えています。

ただ大人がなぜそこを走って良いのかとか、歩行者がいるときの対応の仕方などをしっかり教えないといけないですね。

基本はやっぱり「自転車安全利用5則」です。

私は車道を走っているので路側帯をはみ出してこない限りは気にしないようにしています。
相手が路側帯をはみ出しているときは路側帯に誘導するような走り方をこちらがします。時々口頭で注意もしますが聞いてないでしょうね^^;;
ひろじ〜
2010/09/08 12:36
とても勉強になります。
左側通行は知っていても、細かいルールは知りませんでした。
自転車、それもスポーツ車に乗る人が増えてきている今、多くの人がルールを知る機会がほしいですねー。
けめこ
2010/09/08 17:21
けめこさん>
コメントありがとうございます。

私も思いましたが、やっぱり細則を含めるとルールがとても複雑ですね^^;
でも、スポーツサイクルを楽しむ上では、基本の「自転車安全利用5則」に従って走れば問題はないと思っています。

ただ、細則によって守られている人たちもいるので、細則まで知っていることも大切に感じました。

拙いブログですが、たまにはこんな内容も書いてみようと思いました^^
ひろじ〜
2010/09/08 19:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
    follow cross_road_crmo on Twitter






    シェア・ザ・ロード[share the road]
    たまにはルールの話「車道の左側と路側帯」 CROSSときどきROADとうとうCrMo/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる