リムの傷の修復

路肩(側溝のグレーチングがある部分)で後輪のホイールを「ガリッ!」とやってしまいました

まだ新しい道だったのですが、道路のアスファルトの部分と路肩の部分に段差があり、それが思いのほか高いことに気が付きませんでした

傷がつくとブレーキを引くたびにブレーキシューと接触して「ザリッ」という音がしてあまり気持ちの良いものではありませんね

リムのブレーキ当たり面はアルミ素材なので、修復はサンドペーパーで表面のバリ(ささくれて高くなってる部分)を削り落しました。

画像


キズは完全には消せませんが表面のバリを削り落としたので、ブレーキシューと接しても異音は発生しなりました。

お訪ねいただきありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック