アルテ 「CATEYE DOUBLE WIRELESS CC-RD400DW」問題解決!

昨日に引き続き今日もショップの試乗会に行ってきたこのブログの管理人です。

今日はデローザのバイクに乗ってきましたが、その模様はまた別の日のブログに書こうと思います。

今日はサイクルコンピュータの話題です。

アルテにはケイデンスの計測が出来るということで「CATEYE DOUBLE WIRELESS CC-RD400DW」を取り付けています。

記事はこちらです→「アルテのサイコンを「CATEYE CC-RD400DW」に変更しました

このサイコンはスピードセンサーとケイデンスセンサーが一体になったセンサーをチェーンステーに取り付けます。

以前の記事にも書いたのですが、このセンサーには少しだけ心配があります。
センサー本体とスピード/ケイデンスのセンサーマグネットのクリアランスがかなり狭いのです。

画像


路面に段差があるところではホイールのスポークもしなるので心配しながら走っていました。

ところが、

今日試乗会に行ったときに何気なく店員さんにそんな話をしたらすぐ解決策が見つかりました。

今までの取り付けではスピードセンサーがチェーンステーと重なるような位置にありました。
この写真だとスピードセンサーはチェーンステーの陰に隠れてしまっていますね。

画像


それをケイデンスセンサーとスピードセンサーを繋げているネジを緩めてスピードセンサーをチェーンステーの上に持ってきました。
このスピードセンサーは本体そのものがセンサーになっているので表裏の向きは関係ないそうです。
ネジがあって調整できるのは知っていましたが、この付け方は想像していませんでした。

画像


これでケイデンスセンサーとクランク、スピードセンサーとスポークのクリアランスが広かったので安心して走れるようになりました。

画像


今朝は家の用事と、今日から夏用のレーパンにしたのですねの手入れをしていたので出遅れてしまい、試乗会の前に少しだけ走ってきました。

画像


COLNAGO ARTE
走行距離 : 67.69km
トータル走行距離 : 939.5km
最高速度 : 41.0km/h
平均速度 : 23.5km/h
最高心拍 : -
平均心拍 : -
消費カロリー : -


お訪ねいただきありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

はるかぜ
2010年05月16日 22:10
そうそう!
このサイコンにはそんな仕組みがあったのですよ!
12月の記事で悩んでいたひろじ~さんに、もっと早くお伝えしてあげれば良かったと後悔しています… ごめんなさい…(>_<)

スネの手入れするんですか…?(^_^;)
2010年05月16日 22:46
こんばんは!
自分はCC-TR300TWを使っているのですが、センサの形が似てるようで、使い方が異なるんですね!
ケイデンスとスピードセンサが自分のと逆でした。
一瞬自分の取り付け方が間違っているかも!?と思って取説見直しちゃいました(^^;
KIKU
2010年05月17日 00:10
すねの話に食いついて申し訳ありませんが・・・
レーパンはすねを剃るんですか? やっぱりレーパンはそれなりに御手入れが必要なんですね!?
2010年05月17日 06:09
はるかぜさん>
コメントありがとうございます。

私もセンサーの仕組みはわかっていたのですが、向きが合っていないといけないと思っていました。
わからないことは聞いてみるものですね(笑)

すねのお手入れはもちろんします(笑)

2010年05月17日 06:15
けんぞうさん>
コメントありがとうございます。

サイコンによってセンサの形状、取り付け方が違いますね。
型式を確認して自分の自転車に合うかを確認する必要がありますね。

間違っていたら計測できないと思いますよ(笑)
2010年05月17日 06:28
KIKUさん>
コメントありがとうございます。

すねの処理はやらない人もいるようなので考え方次第と言った感じでしょうか。
どちらでもいいと思います。
KIKUさんのブログはレーパンを履いている読者の方が多いのでお尋ねされたらいかがでしょう。

この記事へのトラックバック