たまにはルールの話「車道の左側と路側帯」

天気の良い日は会社に自転車通勤をしているこのブログの管理人です。

今日は忘れ物で一旦自宅に戻ってしまったため、時間の猶予が少なくバス通勤にしました。
時間ギリギリで焦って走るのも危ないと思っての判断です。

たまには自分の勉強も兼ねてルールの話を書きたいと思います~

自転車に乗る上で守らなければいけないルールは『自転車安全利用五則』ですね。

その一
 自転車は<車道が原則!歩道は例外>
 ○自転車道があるところでは、やむを得ない場合を除き、自転車道を通行しなければなりません。

その二
 車道を走る場合<自転車は左側を走行>

その三
 歩道は歩行者優先で<車道寄りを徐行>
  ※13歳未満の子供、70歳以上の方、一定の要件を満たす障害者の方が運転する自転車は歩道を通行することができます。
  ※一般の方が運転する自転車でも、自転車及び歩行者専用の規制標識のある歩道は通行することができます。

その四
  安全ルールを守る。
  <飲酒運転は禁止>
  <二人乗りは禁止>
  <並進は禁止>
  <信号を守る>
  <交差点での一旦停止と安全確認>

その五
  13歳未満の子どもは<ヘルメットを着用>
  ※運転させる時や補助イス等に同乗させる時は、保護者が責任を持ってヘルメットの着用をさせましょう。


このブログの管理人は<その一><その二>に書かれた車道の左側を走るようにしています。

画像


このときに気になるのは白線の外側ですが、実はルールを細かく読むと、こんなことが書かれています。
「自転車は、歩行者の通行に大きな妨げとなる場合や白の二本線の標示(歩行者用路側帯)のある場合を除き、路側帯を通ることができます。その場合は、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行しなければなりません。」

その「路側帯」が白線の左側の部分ですね。

実は路側帯内を通行する自転車(軽車両)には道路の中央から左側の部分を通行するという左側通行の規則は適用されません。
ということで、道路の右側走行でもこの路側帯を走ってくる自転車は違反ではないのです。

路側帯は車道のさらに外側になるので、こちらが車道の左側を走っている限りは問題なくすれ違えます。
ただ、そのすれ違いのときにこちらが路側帯に入ると相手を車道に追い出して違反をさせることになって危険なので注意しています。

でも、個人的にはルール上は問題なくても右側の路側帯の走行はなるべく避けてほしいと思っています。
たとえば歩行者がいたときの避け方が難しいです。
車道にはみ出して避けたらその時点で違反になります。
歩道では”歩行者の通行に大きな妨げとならない”ということが前提なので、安全を確保するためには自転車から降りなければなりません。
路側帯が狭かったり、途中でなくなる場合もあります。

ちなみに歩道と車道の間にある部分は路肩です。
このときの白い線は「車道外側線」になります。

画像


ここは歩道ではないので自転車でここを逆走するのは違反になります。

そういえば、管理人はこういうルールは誰にも教わったことがないですね~
・・・やっぱり知らない人が多いんだろうな~

と言うことで、TOEICの勉強に戻ります~

そろそろ試験モードなので、明日から土曜日までのブログはお休みするかもしれません。(と布石を打っておきます^^;)

お訪ねいただきありがとうございました。



"たまにはルールの話「車道の左側と路側帯」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント